« バースデイきっぷってば | トップページ | 駅弁シリーズ その3 黒毛和牛本格炭火焼肉 »

2009年5月 2日 (土)

おすすめご当地弁当ナビゲーター の称号を戴きました記念 駅弁シリーズ その2 大間まぐろづけ炙り丼

えー、ブログ書こうかな?と思ったら未読メッセージが・・・(・ω・ )ナンダロ??と見てみたら、タイトルのとおりですよ、ええ。

コネタマ編集部さま、ありがとうございました。

問題は、ワタクシのボキャブラリーのなさといいますか・・・そういや国語の成績は悪かったよなぁ・・・(´・ω・`)ショボーン

これは自分にもっと太れという事なのでしょう!

様々なローカルフードを食べてきましたが、この称号を受け、更なる精進を進めてまいりましょう、ええ。

さて、今回は

大間まぐろづけ炙り丼 by吉田屋 購入場所:東京駅 東北上越長野新幹線 改札前

です。(今回は所用で東海地方へ行く際に駅弁を買った記録で)

Cimg0155 今回紹介するのは期間限定で提供されている駅弁です。

吉田屋さんは八戸にあり、創業は明治25年と歴史もあるお弁当屋さん。

以前では八戸のお弁当が関東地方で食べられるなんて考えられなかったものです。

では、中を開けてみましょう。

Cimg0157 食品関連ですと、よく、公式に紹介してある写真と実際の物が違ったりしている場合もありますが、このお弁当は違います。

内容はマグロの赤身のづけとお新香等。

自分はトロより赤身が(・∀・)イイ!な人なので、もぅ、たまりませんなぁ。

お値段は1890円

うーむ、回転寿司に行ったほうがいいと思うかもしれませんねぇ。

けど、マグロの赤身が好きな人にはおススメです。

量も多からず少なからずと(≧∇≦)bな塩梅。

少ないかなーと思う人は別に押し寿司を購入すると吉です。

問題は10月から1月までの期間限定商品なのです・・・よって希少価値は高いかと。

そんな大間まぐろづけ炙り丼の評価は

値段:△(マグロの赤身が好きな人は○かな)

味:○(指向性のある食べ物だと思いますので、個人的には◎)

希少価値:◎(4カ月しか味わう事ができないお弁当です、好きな人は見つけたら買うべし!)

です。

さてさて、次回は何にしようかな?

« バースデイきっぷってば | トップページ | 駅弁シリーズ その3 黒毛和牛本格炭火焼肉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530893/44868417

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめご当地弁当ナビゲーター の称号を戴きました記念 駅弁シリーズ その2 大間まぐろづけ炙り丼:

« バースデイきっぷってば | トップページ | 駅弁シリーズ その3 黒毛和牛本格炭火焼肉 »