« 食堂車で食べようよ 1日目 | トップページ | 食堂車で食べようよ 3日目 »

2010年6月24日 (木)

食堂車で食べようよ 2日目

Resize0170 目覚めは青函トンネルを抜けた木古内駅でした。アサヤケの津軽海峡を見つつまた眠ったり

Resize0171 トワイライトエクスプレスは函館駅には乗り入れません。運転停車もなし。

電気機関車からディーゼル機関車の入替えは函館駅のひとつ前、五稜郭駅で行います。

Resize0186 五稜郭を出発すると大沼公園を通過します。

Resize0172_2 長万部駅で函館本線ともお別れ。

函館本線は長万部からニセコ、倶知安、小樽をとおり札幌、そして旭川が終着地。

多くの列車は室蘭本線へと向かいます。こちらは室蘭、苫小牧、千歳、そして札幌へ…

食堂車で食べようよ二日目 こんな感じでマッタリとしているとA寝台のモーニングサービスとしてドリンクサービスがありました。

珈琲を飲んでまたもマッタリとしていると食堂車の案内放送が。

国内唯一、三食提供する大阪発札幌行トワイライトエクスプレス 3号車食堂車ダイナープレヤデスでの最後の食事です。

Resize0173 朝食は和食を選んでみました。うん、普通の朝食だねw

違うのは一流ホテル同様、いや、ここは列車の中という事を考えれば、それ以上のサービスの良さがありますな。

Resize0174 食堂車の隣、4号車はサロンカーになってます。窓も広く、高く、見晴らしも(・∀・)イイネ!!

Resize0175 ノボリベツ!といえば、クマボクジョウ!!

と一部、コアな人には御存知な登別に到着です。試しに降りて写真を撮ってみたり。

Resize0176 苫小牧、南千歳と停車し、そして札幌に到着!!

約1日、21時間49分の長い長い列車の旅の終わりでもあり、新たな旅の始まりでもあり。

はっきりと書いておこう。

寝台特急って(・∀・)イイ!!よ。

食堂車で頂く食事もおつなもの。

そういや近鉄も新型特急車両用の食堂車をつくるそうな。

時代は今、食堂車なのかもしれません。

そして、トワイライトエクスプレスのスタッフの皆さん、ありがとうございました。

Resize0178 さて、ここから一気にお馴染みな旅になりますよww

駅弁を食べようかなぁ…と思ったのですが、今回は空弁を食べてみましょう!という事で「北の空港弁当・オホーツクのたこわっぱめし」を頂きましたよ。お値段は850円。

Resize0179 中はこんな風になっております。

タコがね、とぉぉぉぉってもやわらかくって、(゚д゚)ウマーなんですよ。タコ好きな人に特にオススメです。

Resize0180 あ、食べた場所は新千歳空港の展望デッキですよ。

北のハブ空港といっても良いんじゃないでしょうかね、国際線も多数あります。

Resize0181 札幌駅に戻り、今日の晩御飯を調達します。

ススキノの某ホテルに2泊するんですけどね、街に出ちゃうと飲んじゃうこと必至だよ。

Resize0182 そんなこんなで晩御飯は「桜ます押し寿司」を選びました。お値段は1,000円。

Resize0183 北海道の駅弁・空弁ってお魚物が多いような気がするのは自分だけでしょうか?魚好きな人(自分もそう)にはうれしいかぎりです。

自分で切って食べるのですが、いやぁ旨いよなぁ。

Resize0184 札幌の駅弁売り場にはシュウマイも売っているのですよ、ええ。

関東地方の人には崎陽軒のシウマイ。

大阪近辺では551のシュウマイ。

で、札幌では駅弁売り場で↑コレが売っている…じゃじゃじゃ、じゃ~食べなきゃ(結局食べるのかよw12個入りで580円というこのシュウマイ。酒のツマミに是非!

Resize0187 今回の旅で宿泊する部屋の窓からはこんな風景が…いやぁ札幌ってカオスな街です。さてさて、明日はドコに行きましょうかねぇ、まだ決めていないんだよな。

« 食堂車で食べようよ 1日目 | トップページ | 食堂車で食べようよ 3日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530893/48707938

この記事へのトラックバック一覧です: 食堂車で食べようよ 2日目:

« 食堂車で食べようよ 1日目 | トップページ | 食堂車で食べようよ 3日目 »