« 駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ一食目 | トップページ | 駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ 二食目 »

2010年7月19日 (月)

駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ たま駅長にあってみた

さて、2日目は一回は行ってみたかった…というより、会ってみたかった所に行ってきます。日本語が変だ(;^ω^)

Resize0180


朝食はホテルのブッフェでいただきます、(゚д゚)ウマーですた。

Resize0181


新大阪から「特急オーシャンアロー」に乗って和歌山へ。
時間的には快速で行っても大して変わらないんですけどね、記念に乗ってきました。


Resize0183_2


たま駅長に会いに行く方法は幾つかありますが、是非、和歌山電鉄で和歌山駅から貴志駅まで乗ってみましょうね。
沿線はいい感じの風景があるし、こんな電車に乗れたり…↑は「おもちゃ電車」ですな、車内にはガチャガチャもあったり。

Resize0184


「たま電車」 キタ――(゚∀゚)――!!
こちらの電車は見てのとおり。たま駅長さまさまです。
この他にも「いちご電車」なんてのもあったりします。
この地方鉄道の電車をデザインしたのは、水戸岡鋭治さんという工業デザイナー。
知ってる人は御存知!!な大先生。
JR九州の躍進もこの人がいたからこそと言っても過言じゃないと思うんです。
あ、そういえばこの先生はこんな事を言っておりました。

「世の中ってのは
案外フェアプレーだからねって
頑張った人には評価してくれるよって言うのは
(若い人たちには)教えてる。」

うん、非常に重みのある言葉です。
ちょっと話題がそれたように思うけど、たま駅長のいる和歌山電鉄、前進は南海電鉄の一路線で、赤字路線であったこの路線を廃止する事に。
地元では存続運動もありましたが、そこで存続するために名乗り出たのが両備グループの小嶋光信社長。
貴志駅に居た、たま達を駅長しちゃった張本人でもあります。
そして水戸岡先生は両備グループのデザイン顧問という立場。
色々なたのしい電車が誕生したのも納得ですね。


Resize0186


Resize0187


貴志駅に到着!!
駅舎は建替え中で、この夏(2010年)には「たま駅舎」になるそうな。
ローカル単線とはいえ、朝早くから夜遅くまで動いています。


Resize0188


たま駅長は↓

Resize0189


寝てました。
ま、まぁ、また来ればいいんじゃない(本気か、こいつ


Resize0190


さ、帰りましょうかね。
今度乗る電車は普通の塗装ですが


Resize0191


車内は自社広告と地元観光広告が殆どでした。
うん、(・∀・)イイネ!!


Resize0193


車窓はこんな風にひらけているところも。


Resize0194


和歌山駅に戻り、柿の葉寿司が小分けされて売ってました!!ので即買いww
いやぁ、(゚д゚)ウマーだねぇ


Resize0195


今度は日野根で途中下車。
「特急くろしお」がパンダ列車になってました、やるなJR西日本。

さてさて、お昼ご飯は関空で食べますよ。

« 駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ一食目 | トップページ | 駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ 二食目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530893/48914586

この記事へのトラックバック一覧です: 駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ たま駅長にあってみた:

« 駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ一食目 | トップページ | 駅弁を食べに行こうよ 近畿リベンジ 二食目 »