« 流氷みれるかな2011 その4 | トップページ | 流氷みれるかな2011 その6 »

2011年2月21日 (月)

流氷みれるかな2011 その5

Resize0065

そうそう、前のブログで晩御飯の紹介がなかったですな(;^ω^)
豚丼を食べてみたかったんですけど、帯広を華麗にスルーしちゃったので、旭川で売っていた駅弁の「炙り豚トロ豚丼」を買っちゃいました。

Resize0066

中はこんな風で、加熱容器付きだったのです。冬には嬉しい装備ですね。
味も(*^ー゚)bグッジョブ!!でした。
あと、ほっけのフライも食べたのですが、これまた(゚д゚)ウマーですた。
ほっけのフライって北海道じゃポピュラーなのでしょうか?

Resize0067

翌日、2011年2月17日、旭山動物園に来ちゃいましたよぉ。
何を見るのかっていうと…

Resize0068

キングペンギンさまです。
ペンギン好きなんですよ、ええ。
ペンギンの散歩も見れて良かったね。
それと…

Resize0069

シロクマです。
シロクマも好きなんですよ、ええ。
こんな至近距離で見れるんですよ。
あ、シロクマといえば…

Resize0070

寝顔もかわええッス。
そんでもって…

Resize0071

オオカミです。
オオカミもいいよねぇ。
なんというか、カッコイイ。
写真は遠吠えしているところを1枚いただきました。
北海道に来てワシを見れなかったなぁ…なんて人には

Resize0072

オジロワシやオオワシも見れたりします。
他の動物園でも見れるんですけどね、展示方法がユニークなので強くオススメしちゃいます。
旭山動物園を後にし、札幌へと向かうのですが

Resize0073

お昼御飯がまだでしたので、駅そばを食べてみました。
かしわそば 美味しゅうございます。
難点はですね、駅弁販売所が改札から遠いのですよ。
そういやキオスクも中途半端な位置にあったり…グランドオープンした際にはどのような配置になるのか少し不安です。

Resize0074

新しい旭川駅のホームはご覧のようになってまして、写真だとうまく伝わらないかもしれませんが、天井が広くなってます。
欧風っぽくていい感じですな。
写真の電車は両方ともスーパーカムイとして運転されている特急形電車。
右の方はハズレカムイなんて言われたりしますが、最高運転速度は130km/hと抜かりない性能を持っていますのでご安心を。
旭川・札幌間を高速バスだと2時間20分(冬季期間)の所をスーパーカムイは1時間20分で絶賛運行中。
遅れも殆どない鉄道を是非活用してねw

Resize0075

そんな電車の中で頂く駅弁や飲み物は旅のスパイスだと思うんですよ、ハイ。
そばだけじゃ足らなかったので駅むすなるおむすびをいただきました。
雪景色を見ながら食べるのってやっぱりイイね。

Resize0076

スーパーカムイは旭川を出発すると、深川、滝川、砂川、美唄、岩見沢と停車し札幌へと向かいますが、8時から19時までは1時間に1本が札幌・新千歳空港間を結ぶ快速エアポート号として運転されます。
快速なので特急料金不要で自由席に乗車できるのですな。
旭川・新千歳空港間は2時間1分で運転されてますので、是非乗ってみてくださいな。
…とクダクダと書いていますが、要は速いんですよ。
通過駅も滅茶苦茶なスピードで飛ばしていって…

Resize0077

札幌に到着!
せっかくデジタル一眼を持ってきているので夜になるのを待って、札幌駅とその周辺を1枚。

P1010726_r

北海道最後の駅弁はジンギスカンあったか弁当をいただきまーす。

P1010730_r

容器は一番上の写真と同じなんだよねぇ、ビックリ。
この駅弁も加熱容器で温かい弁当になるんだよ。いいよね、うんうん。
で、このジンギスカンなんですけど、お店で食べるのと遜色ない、いや、場合によってはそれ以上の美味しさだったりします。

P1010731_r

そんな訳で、サッポロクラッシックとの愛称も抜群なのです。

さてさて、今回の旅も翌日でおしまい。
最後はソラで例のアレを食べてみました。

« 流氷みれるかな2011 その4 | トップページ | 流氷みれるかな2011 その6 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530893/50934546

この記事へのトラックバック一覧です: 流氷みれるかな2011 その5:

« 流氷みれるかな2011 その4 | トップページ | 流氷みれるかな2011 その6 »