« 流氷みれるかな2011 その0 | トップページ | 流氷みれるかな2011 その2 »

2011年2月16日 (水)

流氷みれるかな2011 その1

Resize0398

2011/2/13 0:10 札幌はすすきのに到着!
飛行機の到着時間に合わせてバスが運行されてましてね、札幌まではバスに乗ってきました。
いやぁ、着いちゃったねぇ…明日のスケジュールはちょいと早めなのでドコにも行かず、カプセルホテルに直行して

Resize0399

翌朝、すすきのから札幌駅まで歩いてみたッス。
時間は7時前。雪は降ってないけど寒いねぇ。

Resize0400

札幌からは「流氷特急オホーツクの風」というリゾート列車に乗って網走へ。
この車両、JR北海道内では前面展望席がある数少ない車両だったりします。
普通の席もハイデッカー仕様となっているので窓からの眺めは最高ッス。

Resize0402

乗車時間は5時間30分と長期戦です。
ゆっくりまったりとするもよし。

Resize0403

遠軽に到着!
ここからは進行方向が逆になるので座席を回転する儀式があるのです。
最近は外国人の乗客もいるので片言の英語で説明して座席を回転します。
チェンジと言って、座席を回転させる動作をするだけでも充分通じるものですよ、ええ。

Resize0404

さて、遠軽駅といえば、名物の「かにめし」が有名だったりしますが、今回は「生田原高原和牛弁当」を頼んでみました。

Resize0405

数量15個限定のお弁当。よく見ると駅弁マークが無いですなぁ。
ままま、そこはいいとしてこちらの弁当、和牛弁当というだけあって牛肉(゚д゚)ウマーなのです。

Resize0406

↑この画像を見ていただければその旨さが少しでも伝わるでしょうか?
遠軽駅で買える駅弁の新定番となってくれたらなぁと思いますよ、オススメです。

Resize0407

ここら辺からは窓の外側は凍ったり

Resize0408

こちらが前面展望席です。
よーく見るとカメラがありますが、各車両所々にある液晶モニターでも前面展望の様子も見れるようになってます。

Resize0409

網走に到着後、すぐに釧網線へ。
釧網線のオホーツク海沿いの駅は喫茶店・ラーメン・レストランといったお店になっている駅もあるのです。

Resize0410

北浜に到着!!

Resize0411

流氷は無し!!
いやぁ、荒々しいねぇ
そんでもって寒い、いや、風雪が痛いよぉ。
風速27mだったそうな…台風並みじゃんw

Resize0412

北浜といえば小さいレストランも併設されてます。
個人的にはホタテカレーがオススメだよ。
その後、ノロッコに乗って知床斜里へ行きましたが残念な事に、ウトロはもっとひどくテレマークスキーどころじゃないそうな(´・ω・`)ショボーン
明日も無理っぽそうだったので予定変更!網走へ戻ろう!

Resize0413

風があまりにも凄く、途中で止まったりしながらゆっくり網走へ
その車中からは流氷が接岸してる光景が見れました。
こうして3年連続して流氷を見ることができたのでした。

おしまい

終わってどうするのw

Resize0415

北浜付近では流氷はまだまだ。
明日には接岸している事でしょう。

Resize0416

明日以降の仕込みを網走駅で行い、駅弁も買ってホテルへ。
「オホーツク贅沢三昧」という駅弁を買いましたよ。

Resize0417

中は鮭、カニ、帆立、イクラの4種類の丼が楽しめるのですよ、ええ。
味は当然(゚д゚)ウマーなのでした。

Resize0393

網走の夜は風雪の夜でした。網走で一泊!
翌日は釧路へと向かったのでした。

« 流氷みれるかな2011 その0 | トップページ | 流氷みれるかな2011 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530893/50890348

この記事へのトラックバック一覧です: 流氷みれるかな2011 その1:

« 流氷みれるかな2011 その0 | トップページ | 流氷みれるかな2011 その2 »