« 東北に行こうよ!夏祭りの巻 最終回 | トップページ | カメラ下手がカメラを語る!その2 »

2011年9月28日 (水)

カメラ下手がカメラを語る時

布袋寅泰の30thANNIVERSARY ANTHOLOGYⅠ・ⅡなるBDを買いましてね。

BDなので画面解像度が1920*1080のFULL HDなんですよ。

うーん、やっぱり布袋さんはギタリストだよなぁ、カッコイイなぁ・・・と思って見ていると、所々で画角が違うシーンがありましてね。

どうやら一部をデジタル一眼レフカメラの動画撮影機能で撮影しているようです。

普通のレンズだけでなく、魚眼レンズやシフトレンズでも撮影してそうな予感。

布袋さん本人出演の副音声でも一眼で撮ってますか?とコメントがあったよな・・・コンサートなんかでもデジタル一眼でムービー撮影する時代になったんですね。

一般人からするとデジタル一眼=敷居が高いという傾向はあるものの、プロ用カメラ機材は百万単位だと聞いた事がありますし、それ以上の表現力があるカメラが下手すれば10万円以下で手に入る時代でもあります。

canonのEOS5DmkⅡというプロ仕様のカメラになるとイメージセンサーが大きく、今では映画にも使われてますよね。

そんなデジタル一眼カメラで私が個人的に気になるマシンがありまして。

ソニーのα77というデジタル一眼カメラ。

ファインダーから覗く世界はXGA有機EL。

様々なレンズを選び写真は無論、動画撮影はFULLHDで60pだけでなく24pで撮影も可能。

3軸チルト液晶モニターでのライブビューは、動画撮影時は快適そのもの。

と、動画撮影にはちょっと余分な光学関連パーツが少なくなって、なんとなく良いなぁと思ったカメラです。

ファインダーを覗いても・・・これ普通のファインダーじゃね??と思うくらい、表示スピードも速く、そしてクッキリと見えます。

まるでファインダーからライブビューを見ているような、そんな感じ。

これで、動画撮影が10分以上できません(^^;なんていうオチがなければ、思わず買い換えるかも・・・canonのレンズ、どうするねん(^^;

canonさーん、早く新機種出してくれ、なんか買い換えてしまいそうw

« 東北に行こうよ!夏祭りの巻 最終回 | トップページ | カメラ下手がカメラを語る!その2 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530893/52848794

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ下手がカメラを語る時:

« 東北に行こうよ!夏祭りの巻 最終回 | トップページ | カメラ下手がカメラを語る!その2 »