« カメラ下手がカメラを語る!その2 | トップページ | トヨタの小型スポーツ車の名前が「86」の件について »

2011年10月23日 (日)

水戸岡鋭治の大鉄道時代展 に行ってきました

2011年・夏に九州は博多にて開催されていた「水戸岡鋭治の大鉄道時代展」ですが、東京でも10月に開催されました。

入場料はナント無料という事でいざ六本木へ向ったのですが、

13_r

六本木はAXISに到着。六本木に行くの久しぶりだ(;^ω^)

14_r

会場は4FとB1F。まずは4Fを見てみましょう。

15_r
中に入ると乗ったことのある車両のデザインパースがいーーーっぱい。

16_r
こちらはN700系。むむむ、カッコイイ。

17_r
もう一枚N700系。バックのさくらとN700系を大胆に。

18_r
次は新800系。ヘッドライトが膨らんでいるのが特徴なのですが、この後にとんでもないデザインを見ます。

19_r
↑は800系のカラープラン。レッド・グレー・ホワイト&レッドと色々な案があったのですね。

レッドは485系のレッドエクスプレスをイメージしたのでしょう・・・グレーは787系つばめでしょうね。

20_r
レンダリング案もこんなふうに。

なんかイタリアあたりで普通に走っていそうなデザインです。

22_r
なかでもこのイエローに惹かれますなぁ・・・メタリックイエローってなかなかカッコイイですよ。

21_r
そして一番ビックリしたのは↑のデザイン。

よーく見ると車両に「さくら」の文字が書いてあるのが判りますでしょうか?

やっぱり800系は山陽新幹線を走って新大阪まで行かないと!

231_r

九州新幹線以降のJR九州のニュースは「九州一周の旅」でしょうか?

その車両デザイン案もありました。

26_r
機関車は前衛的なデザイン。

27_r
1号車は寝台車。寝台4室と展望席という贅沢仕様。

28_r_4
2号車は指定席とバー。指定席はたった15席。

29_r
3号車は食堂車。パーティーも可能なテーブルもあり。

30_r
4号車はサービスステーションとフリースペース。車掌室とラウンジでしょうか。

31_r
5号車はバーカウンターとサロン。そのまんまバーですね。

32_r
6号車は展望席とサロン。大人のスペースですな。

24_r
九州一周といっても寝台車で夜をすごす訳ではなく、湯布院では温泉宿で一泊など至れり尽くせりな旅を提案してまして・・・JR九州の社長は是非やりたい!と・・・私も一回でいいから乗って体験してみたいよww大金出しても惜しくないかもしれぬなぁぁぁ。

35_r
水戸岡さんの仕事は車両デザインだけではなく、駅弁のパッケージもデザインしてるんですよ。

36_r
こちらは885系の特急ソニック。なーんかドイツあたりにソックリさんがいるとかいないとか・・・台湾にはちょっと形が変わったのが走ってたりも。

37_r
ソニックというと↑の883系を思い出す人は鉄な人ですね。

自分も((゜ー゜*)ンダンダ((。_。*)マッダグ((゜-゜*)ソノトウリ((。_。*)ダンベェ

39_r
そして車両に使われている椅子も展示されてました。もちろん座れるのだ。

で、↑の黒い椅子、スペシャルな椅子なのですが・・・

41_r
骨格がカーボンなんですよ、ええ。

こんなの見た事ねぇよwwクッション部は革だし。

42_r
こちらは800系新幹線の椅子かな?

単にリクライニングするだけなんだけど、クッションも余裕があって座り心地はいいですよ。

45_r
そして最新のリゾート特急「あそBOY」の目玉のファミリー車両に設置されてある座席。

一見??ですが、子供が外の景色をよく見れるように設計されているのだそうです。

いやぁ、まいりました。

46_r
さて、デザインといったらクレイモデルですよね。

まずは883系、10年以上前にデビューした特急車両なんだよね。

47_r
787系・・・なんかワルそ~

48_r
885系はメルセデスみたいなエンブレムが可愛くもあり、誇らしげでもあり

49_r
そしてPCのマウス・・・じゃなくて(;^ω^)

51_r
800系です

52_r

そして忘れちゃいけない、和歌山電鐵貴志川線のたま駅長。

たま電車は必見ですぞ。

・・・とまぁ、デザインブックを買っちゃって、デザイン脳がパンパンになり4Fを後にしました。

53_r
B1Fでも開催されているので来てみたよ。

54_r
色々なイラストやデザイン画が展示されてたのですが

56_r
熊本で走っている青ガエル

むぅ、渋いッス。

そしてこの展覧会で一番衝撃を受けたのが・・・

55_r
0系と800系のイラストです。

特に0系のカッコ良さ!何度も実物を見てきたのになんでこんなにカッコイイのでしょ。

PCの壁紙にしたいわー、いや、マジで。

57_r
さて、いかがでしたか?

デザインってなんだか敷居が高そう・・・と思うかもしれませんが、好いなぁと思いながら見てみるだけでもいいものですね。

« カメラ下手がカメラを語る!その2 | トップページ | トヨタの小型スポーツ車の名前が「86」の件について »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530893/53067942

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸岡鋭治の大鉄道時代展 に行ってきました:

« カメラ下手がカメラを語る!その2 | トップページ | トヨタの小型スポーツ車の名前が「86」の件について »