2011年10月18日 (火)

カメラ下手がカメラを語る!その2

カメラ下手がカメラを語ってます。ええのかねぇ、こんなんでw

まずは

A771
ソニーの「α77」です。このカメラ、ひとつ前でも書いてますがEVFが・・・というより、光学的に一つ先の世代に移行したデジタル一眼です。

A772

液晶もこんな感じにグネグネと動いたりします。で、ソニーと言えば・・・

N71
「NEX-7」もイイですよ。

こちらはαシリーズはちょっと(^^; という人にオススメ。本体も大きくないですし。

そして、なんといっても動画を撮るのにオススメのカメラです・・・欲しいなぁ(爆

N75
とか言いつつ、αシリーズのレンズが使えたりします・・・これじゃレンズが本体?!

ソニーと言えばやっぱ業務用カメラだろJKという人には

N1001
NEX-FS100 キタ――(゚∀゚)――!!

って69万円しますよ、コレ。

だがしかし!業務用カメラ(動画用)がレンズ込みで69万円で買えるとは・・・時代は変わりましたな。

お次は

L1
パナソニックの「LUMIX GH2」です。

こちらのカメラは写真よりむしろ動画を撮るために特化したんじゃね?と思うんですけど。

1080/60iで動画撮影できたりとか・・・NEX7を手に取るまで欲しいなぁぁぁぁと思ってたw

しかし、パナさんはこんなレンズも出してきましたよ。

L11
一見普通な14-42mmのレンズなのですが

L2
電動ズームなんですよ。

動かした感じはコンデジのズームそのもの。

動画撮影時は一定速度で少々ゆっくりと動きます。

コントラストAFの性能に合わせてるのでしょうかね?・・・それにしても快適に動画撮影できそうなカメラ&レンズです。

次はメーカーが変わりまして

Q1
ペンタックスの「PENTAX Q」です

ペンタックスといえば紆余曲折あり、カメラ部門がリコーに買収されましたね。

買収報道前に発表されたのがこのPENTAX Qなのですが、このカメラはカメラマニアの隙を突いてきたカメラでして・・・

Q2
なんといっても小さい&軽いんです。

↑を見ればその小ささが判るかと。

カメラ自体も面白い機能が満載で、インターバル撮影ができるだけじゃなく、HDRやエフェクト・デジタルフィルターが色々と搭載され、動画撮影にも使えたりするのです。

色々といじっていると8mmフィルム風の動画が撮れたりする事も。

Q3
また、ペンタックスお得意の変態レンズ・・・もとい、個性あふれるレンズ仕様のレンズがあってこれまた楽しいです。

旅カメラにオススメかもしれませんよね、いや、実際問題、小さく軽くてレンズも交換できるなんていいんじゃないのでしょうか?

問題は、カメラ初心者にはハードルが高すぎるような希ガス

最後はコチラ

X51
キャノンの「EOS kiss X5」です。

なんだかんだ言いながら初心者にオススメなカメラです。

自分自身、まさかデジタル一眼を買うなんて思ってもいなかったのですが、撮影してみるとまぁなんと使いやすいこと。

そして値段もお安く、18-55レンズキットが53,300円 ダブルズームキットが67,800円(2011/10/18現在のAmazonの価格)とお買い得です。

で、このカメラですね、動画撮影機能も付いてるのです。

撮影した風景は↓な感じで・・・

こちらの動画は自分がニコニコ動画にうpした動画。

撮影機材は

カメラ本体:EOSkissX4

レンズ:sigma 30mm F1.4

三脚:デジタル一眼用ミニ三脚

というチープな撮影機材でFULLHD撮影した、2011年の青森ねぶたまつりの模様ですが。

夜間撮影もなんのその、内臓マイクでも高音質な録音ができちゃうんです。

ついでに写真も撮れるw

そう、自分はEOSkissX4を写真機として買ったのではなく、動画撮影用で買ったのです。

で、EOSkissX5では動画撮影もパワーアップしてまして

X52
↑の+と-は動画撮影時にはデジタルズームの役目になります。

なので短焦点レンズのみでもズームが可能なんですよ。そして

X53
液晶もバリアングルで見やすくなってます。

それじゃ弱点は無いのか?と言いますと、最大の弱点はですね、動画撮影時のAFが絶望的に遅いww

呆れるほど遅いです。NEX-7やGH2の速いことw

まぁ、動画撮影する際にあらかじめAFしてピントを合わせればOKですし、なんならMFで撮影してもいいでしょう。

マニュアル露出も可能ですが、内臓マイクで録音すると操作音をモロに拾っちゃうのもどうなんでしょw

でもホームビデオ程度でしたら問題無しなんでしょうしね。

と、まぁ徒然なるままに書いてみましたが如何なものでしょ?

最近のコンデジは4万円とか平気にしちゃうのもあったりしますしね、ビデオカメラ買ったんだけどホコリかぶっちゃってるそこの奥さん!デジタル一眼はお得ですよー。ビデオカメラと普通のカメラを1台にできるチャーンスです。

2011年9月28日 (水)

カメラ下手がカメラを語る時

布袋寅泰の30thANNIVERSARY ANTHOLOGYⅠ・ⅡなるBDを買いましてね。

BDなので画面解像度が1920*1080のFULL HDなんですよ。

うーん、やっぱり布袋さんはギタリストだよなぁ、カッコイイなぁ・・・と思って見ていると、所々で画角が違うシーンがありましてね。

どうやら一部をデジタル一眼レフカメラの動画撮影機能で撮影しているようです。

普通のレンズだけでなく、魚眼レンズやシフトレンズでも撮影してそうな予感。

布袋さん本人出演の副音声でも一眼で撮ってますか?とコメントがあったよな・・・コンサートなんかでもデジタル一眼でムービー撮影する時代になったんですね。

一般人からするとデジタル一眼=敷居が高いという傾向はあるものの、プロ用カメラ機材は百万単位だと聞いた事がありますし、それ以上の表現力があるカメラが下手すれば10万円以下で手に入る時代でもあります。

canonのEOS5DmkⅡというプロ仕様のカメラになるとイメージセンサーが大きく、今では映画にも使われてますよね。

そんなデジタル一眼カメラで私が個人的に気になるマシンがありまして。

ソニーのα77というデジタル一眼カメラ。

ファインダーから覗く世界はXGA有機EL。

様々なレンズを選び写真は無論、動画撮影はFULLHDで60pだけでなく24pで撮影も可能。

3軸チルト液晶モニターでのライブビューは、動画撮影時は快適そのもの。

と、動画撮影にはちょっと余分な光学関連パーツが少なくなって、なんとなく良いなぁと思ったカメラです。

ファインダーを覗いても・・・これ普通のファインダーじゃね??と思うくらい、表示スピードも速く、そしてクッキリと見えます。

まるでファインダーからライブビューを見ているような、そんな感じ。

これで、動画撮影が10分以上できません(^^;なんていうオチがなければ、思わず買い換えるかも・・・canonのレンズ、どうするねん(^^;

canonさーん、早く新機種出してくれ、なんか買い換えてしまいそうw